ピュアワーカーという考え方

The idea of ​​pure worker

企業のみなさまへ ~ 障がい者が力を発揮するために

近年は、障害者雇用促進法の施行により、
労働者の2%に相当する障がい者を雇用することが義務付けられるなど、
障がい者の雇用に対する取り組みが進められつつあります。
しかし、中には障がい者雇用に対する理解が薄かったり、偏見を持っている経営者も少なくないようです。

「障がい」とは、個人にあるのではなく、社会の側にあります。
多数派で作り上げられた社会には、少数派の人たちには暮らしづらい面が多くあり、
少数派である障がい者と呼ばれる人たちは、「生きづらさ」を抱えています。

その「生きづらさ」は個人の問題ではなく、一人一人がお互いに正しい知識を持ち、
理解し合うことで軽減できるものだと、私たちは考えています。

 

心の壁を取り払うことで、障がい者雇用は変わる

 
障がい者はハンディキャップがある一方、優れた能力を持つ方もたくさんいます。
周囲の人が正しい知識を持ち、少しの配慮をするだけで、その能力を最大限に発揮し、
社会で活躍することができるのです。

例えば、精神障がい、知的障がいのある方は、
周囲の人とのコミュニケーションが苦手だったり、独特な行動の特徴がある場合があります。

しかし、周囲の人が関わる中で、
「強い言い方をしない」
「誤解されるような言い方をしない」
「業務の指示は具体的にする」

など、一定の配慮をすることで、与えられた仕事をしっかり全うすることができます。
企業の戦力として活躍することができます。

インクルージョンデザイン株式会社ピュアワークファクトリーでは、差別意識をなくし、
心の壁を取り払うことで、お互いが歩み寄り、思いやりを持てる社会をつくっていきたいと考えています。

そのような関わりが出来る職員と障がい者ご一緒に
ステップアップを視野に入れた事業所作り、社会作りに取り組んで行きます。

 

随時見学にお越しください

 
インクルージョンデザイン株式会社ピュアワークファクトリーでの作業現場を、企業の皆様にご見学いただくことができます。
是非、障がい者の働きぶりや、職員の関わり方、事業所の雰囲気などを、一度ご覧いただければと思います。
(見学の際はお電話でご予約ください)

 

公的なサポートもご活用ください

 
就労を目指す障がい者は、「就労移行支援事業所」に通所し、
就労に必要な知識や技術を習得しながら、就職に向けて活動しています。
また、障がい者雇用にあたっては、障がい者職業カウンセラーが事業主の相談に応じる「事業主援助業務」や、
障がい者一人一人の特性に合わせた指示・指導方法などをアドバイスする「ジョブコーチ」といった、
北海道の公的なサポートを受けることができます。
(詳しくはこちら→北海道障がい者職業センターリンク
http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/hokkaido/01_hokkaido_service2.html

このような制度のご利用に関しても、お気軽にご相談ください。